Zenさんの海外出張 海外旅行の滞在記



Zenさんとは、愛知県の匿名の男性です。
「Zenさんの海外出張 海外旅行滞在記」とは、Zenさんが海外出張に出かける前にすること、準備方法、現地でのさまざまな情報などを、ホームページ上で公開しているものです。

内容は、以下のカテゴリーに分けられています。
海外出張海外旅行の際の準備
・出発から入国まで
・出国から日本入国まで
・滞在中のこと
写真つきで、文章もわかりやすく短くまとめてあり、読みやすくなっています。
滞在先はチェコ、イギリス、アメリカで、地図で滞在地が示されています。
その他は、自己紹介やリンク集があります。

海外の予備知識としては、以下の内容もあります。
・日本・アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアの男女別のくつや洋服のサイズ一覧表
・主たる国の国際電話の識別番号表
・日本との時差表
詳しく楽しい内容で、海外出張の準備を楽しんで時を過ごすことができます。

海外に出張や旅行で出かける人に、ぜひ「Zenさんの海外出張 海外旅行滞在記」を見てみることをおススメします。

ビジネスマンの海外出張奮戦記



インターネットでは、いろいろなホームページでビジネスマンの海外出張奮戦記があります。
かなり面白いものもあり、役立つことも多いので、海外出張が決まったときにはいくつか見てみると参考になります。

◆海外出張で中国に行ったビジネスマンの奮戦記
中国も地方によって、生活や文化がさまざまです。
人件費を安くする目的もあるため、上海や北京などの大都市ではなく小さな都市での出張でした。
しかし、地方だと空港も小さく、ホテルでも英語が通じなくて大変困ったようです。
レストランは衛生面で問題ありでしたが、中国は接待の量が多く、手厚く歓迎されたということです。

◆海外出張でヨーロッパに行った若手社員の奮戦記
商品を開発して売り込むため、ヨーロッパ各国の展示会を見て回るという海外出張がありました。
自分が売れそうだと思う商品を、いくつか買い付けるのが仕事です。
しかし、始めはどこを見ても珍しく、つい日本にもありそうな商品ばかりを買ってきて上司に怒られたという記録もあります。
この若手社員はこれらの失敗を基にして、次回の出張では情報を整理してよい商品の買い付けに成功しまし、社内でのプレゼンテーションに意欲を燃やしています。
さらに、自分の商品の開発や営業への夢につなげていきました。

海外出張と労災



労災とは「労働者災害補償制度」のことです。
労働中や通勤途中に、事故や災害によって「病気」や「怪我」またはそれらの原因によって「障害」を負ったり「死亡」したりしたときの補償を行う公的な保険です。
過労が原因で死亡したときや、精神的な疾患を追ったりしたときにも、労災が給付されることはあります。
労災が給付されるかどうかの判断は「労働基準監督署」が行ないます。

日本の労災保険の適用範囲は、原則としては日本国内の事業において適用されるものです。
しかし、事業者が特別加入の申請を行った場合には、海外赴任中でも国内にいるのと同じように労災が適用されます。
手続きは、任意で行なわれます。
対象が海外出張の場合には、特別加入の申請をする必要はありません。
国内扱いとなり、仕事中の怪我や病気の際に労災給付を受けられることになります。

海外出張の際の過労死については、労働基準監督署の判断が分かれるところです。
弁護士を通しての裁判となることは、避けられないでしょう。
滞在期間の長短では海外出張か海外赴任なのかという判断はつけられません。
必ずこれらの区別を、渡航前につけておくようにしましょう。

海外出張の際の服装



海外出張の際には、現地に行くために長時間飛行機に乗らなければなりません。
できるだけ機内でくつろげる服装を考えたほうがよいでしょう。

海外出張先に着いた際には出迎えが来る、という場合にはどのような服装が良いでしょうか。
相手に失礼の無い程度に、ストレッチ素材のパンツスーツなどはいかがでしょうか。

また盗難等のトラブルを避けるためには、いかにもお金があるという服装をしないほうが無難です。
ポケットがたくさんついたものを着用し、現金は分けて持ってください。
財布には、チェーンの付いたものを選びましょう。
最も安全なのは、現地の人と同じような服装をすることです。
仕事のときに着るスーツひとつでも、ネクタイの柄次第でよそ者として見られることがあります。
現地の人のネクタイの柄を真似ることで、結果的には安全であるといったこともあります。

なお、海外出張中に気をつける点として、靴は人の見ていないところで脱ぐのが礼儀とされています。
椅子や机の上に足を上げるのは問題ないとされるのですが、そこで靴を脱いでしまうと問題になるようです。
日本の感覚とは違うので、注意しましょう。
タグ:海外出張

海外出張への持ち物



海外出張への持ち物としては、次のものが挙げられます。
・現地で使用する衣料品
・現地で業務等に使用する資料や道具類
・日用品や普段使用している医薬品
・お土産類

お金の類は、トラベラーズチェックやキャッシュカードを持って行くとよいでしょう。
また、パスポートを紛失したときのために、パスポートの番号を控えて貴重品として手元に持っておきましょう。
写真を2枚以上持っておくと、パスポート再発行に便利です。
飛行場で荷物を預けても、2〜3日届かない場合もあります。
ですから、手荷物の中にも2〜3日は過ごせる程度の生活用品を入れておくと安心です。
その他、通貨の計算のために電卓を持ってゆくと良いでしょう。
コンタクトレンズのスペアやメガネなども忘れたら大変です。
海外出張のためにこれから買い物をするという人は、ランドリーセットなどを持ってゆき、旅の途中で洗濯をして衣類の持ち物を少なく済ませるという賢い手もあります。
また、海外出張先の欧米のホテルには、歯磨き、歯ブラシ、室内用のスリッパは置いていません。
持って行ったほうがよいでしょう。
タグ:海外出張
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。