海外出張の際の保険



海外出張に行くことになって滞在が長期化しそうな場合には、「現地で怪我や病気をしたらどうすればいいのだろう?」と誰もが不安になるものです。
でも、大丈夫!
日本の保険会社には『海外旅行保険』というものがあるのです。
海外出張中の緊急時に、現金を都合して後からクレジットカードの引き落としにしたり、通訳サービスがついている商品があります。
また『海外旅行損害保険』というものあり、この保険では死亡や怪我の際に補償が行われます。
これらの保険の違いに注意しましょう。

海外の保険については、先進国と発展途上国とで医療保険の事情が異なっています。
アメリカでは公的な医療保険はなく、民間の会社が医療保険を担っています。
ヨーロッパでは公的な健康保険制度があり、保険金の一部を企業側が負担する機能もあります。
海外出張の際には、多くの場合、任意の海外旅行損害保険などを使ってその場をしのぐのが一般的です。
海外出張先で支払った医療費に対しては、あとで決められた金額を払い戻してくれる制度があります。
帰国後に、所属する健康保険組合に書類を提出してください。

海外での医療費の出費は大変高いものになります。
海外旅行損害保険には、必ず入っておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。