海外出張の規定



海外出張に関する規定として、各企業や事務所などで「海外出張旅費規程」というものを作成し、社員や職員の海外出張の旅費について定めています。
この規定は、会社の命令により日本国外に出張するときの旅費に関する決まりや手続きについてのものです。
各社によって旅費の出る条件や規定には差があります。
海外出張が決まったら、自分の所属する企業や事務所において海外出張旅費規程をよく確かめましょう。
その上で、出張計画を立てたり保険の準備を行うとよいでしょう。

海外出張旅費規程の主な項目としては、身の回り品をそろえるための「支度金」「日当」「宿泊費用」「交通費」、荷物の輸送等の「諸費用」、パスポートの取得や渡航手続きなどでかかる費用としての「渡航雑費」などに分かれています。
海外へ出る日本人は増えていますが、その中でも海外出張と海外赴任の割合が依然多いとされています。
海外赴任の場合は「労災保険」を任意でつけるように定められていますが、海外出張の場合には特に加入の手続きをしなくても労災保険の適用になります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。