海外出張の際のバッグ



海外出張には必要なものをバッグに入れて持ってゆくことになりますが、似たようなバッグやスーツケースを持っている人は意外と多いものです。
他人と似たようなバッグやスーツケースを持ってゆくと間違えられやすいので、自分なりの目印をつけておくと便利です。

機内に持ち込まないほうのバッグは、海外出張で渡航中に飛行機会社の遅れや手違いが生じて、予定日に現地まで届かないケースもあります。
機内に持ち込むほうのバッグにも、生活用品を入れておくと安心です。
海外出張の際には、スーツケースは軽くて丈夫なものがよいとされています。
外国人はソフトなスーツケースを持っているのに比べて、日本人は堅い素材のスーツケースを持つことが多いようです。
体に身に着けるショルダーバッグも、軽いものがよいとされています。
内部が二重・三重になっていたり、密封できるようになっているなど、防犯対策がなされているものを選びましょう。
バッグには大きくても軽いものや、やわらかい代わりにたくさん入る利点があるものなど、いろいろな種類があります。
あまり高価に見えるバッグを持つのも考えものです。
「自分はお金を持っている」と言いながら歩いているようなものですから、危険も多いでしょう。
丈夫さや軽さなど、機能性を重視したバッグを選ぶことをおススメします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。