海外出張の際のスーツケース



海外出張に持って行くスーツケースには、いろいろな大きさと素材があります。
女性の場合には、あまり大きいものを選んでしまうと、海外出張の際に階段の上り下りや、普通に歩くだけでも大変で運べなくなる可能性もあります。
注意しましょう。
「スーツケースには車がついているし移動もタクシーだから」と安心してはいけません。
空港で荷物を引き取る際に、直接持ち上げる必要も出てきます。
購入時はスーツケースの中が空の状態で選ぶためわかりにくいのですが、大きさ2〜3cmの差が、数kgの重量差になることもあるのです。
スーツケースの素材には、大きく分けて「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の二種類があります。
ソフトタイプは軽くて持ち運びやすく、荷物もたくさん詰めることができます。
しかし材質が弱いため、刃物で切られて中のものを盗まれることもよくあります。
ハードタイプは重く堅いため、防犯上ソフトタイプよりも安全だといえます。
長期の海外出張では現地人に手荒く扱われるので、丈夫なスーツケースのほうがよいともいえます。
しかし、これらの特徴も一概にいえることではありません。
ソフトタイプでも丈夫なものもありますし、ハードタイプでも盗難に遭うこともあるので注意しなければいけません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。