海外出張のパッキング



パッキングとは「荷造り」のことです。
海外出張の際のパッキングは、あらかじめリストを準備しておいたほうがよいでしょう。
リストの内容が決まったら、スーツケースに荷物の仮詰めをしてみて、うまく収まるかどうかを確認するのもよい方法ですね。
「海外出張で現地まで行く途中に必要なものを取り出しやすいか」「公衆の面前でスーツケースを開けてもかまわないと思えるか」「衣類にしわがよらないか」など、スーツケースの詰め方にも工夫を凝らせば、ひとりひとりの好みでいくらでも変えられるものです。
荷物がうまく収まらない場合には、スーツケースをもっと大きなものに替えるか、荷物を必要なものだけに減らしてみてください。
海外出張のときのパッキングは、空港での積み下ろしのために手荒に扱われがちですから、これに対応した詰め方をする必要があります。
荷物を航空便で送る場合は、実際の重さによって料金が決まりますし、船便で送る場合には容積によって料金が決まります。
荷物が複数になると通関の手続きもありますから、どの荷物に何が入っているかというメモ書きも必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。