海外出張のときの旅費



海外出張においての旅費とは、出張に必要な「交通費」「日当」「宿泊料」「旅行に付随してかかる雑費」などを総称したものです。
海外へ出張することになったら、各企業や事業所の社内規定で「海外出張旅費規程」が定められていますので、その規則に沿って旅費の費用を計画します。
そして帰国後に、旅費など各費用について自分で算出し、会社や事業所から支払いを受けます。
このように規則で定められている旅費規程ですが、会社によっては赴任支度料の支払いがないところもありますし、宿泊料を実費にするということもあります。
危険地へ赴くことに対しての手当てのあるなしなど、問題になっている点も多いようですね。
これらの理由としては、毎年変わってゆく諸地域における宿泊費の把握の難しさや、社会の生活レベルの向上によって皆が海外に行くようになり、それほど大仰な支度費用はかからなくなったことなどがあげられます。
海外出張から帰国の際には、一定期間内に費用や実費の領収書から旅費の全体を算出して経理に提出し、費用を払い戻してもらわなければなりません。
項目がたくさんありますし、時間もかかりますから、大変ですよね。 パソコンソフトとして売られている計算ソフトもありますので、利用してみるとよいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。