海外出張における日当



海外出張における旅行費用や諸費用について、各企業では「海外出張旅費規程」という決まりに沿って旅費の精算をすることになっています。
旅費の算出にも部門わけがあって、「赴任支度料」「旅費」「交通費」「日当」などがあります。
このうち「日当」とは、1日あたりの給金のことをいいますが、その人の職務の階級や出張の地域に応じては「食事代や雑費を含めて日当」として定められることが多いものです。
「食事代は実費で、日当を一律で支給する」という会社もあります。
一般的に、国内出張では宿泊費が7000円〜15000円で日当は2000円〜5000円です。
それに対し海外出張では、宿泊費が7000円〜15000円と国内出張と金額は一緒なのですが、その他の項目では宿泊費を実費支払いとしている会社が多く、日当は4000円〜10000円と国内出張の2倍の金額を出しているところが多いです。
消費税は海外出張旅費について国外での宿泊や交通費には加算されませんし、日当にも消費税はかかりません。
各企業や事業所により異なりますが、「出張先」や「出発から帰国までの日数」などによっていくらか加算して支給されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。