海外出張と労災



労災とは「労働者災害補償制度」のことです。
労働中や通勤途中に、事故や災害によって「病気」や「怪我」またはそれらの原因によって「障害」を負ったり「死亡」したりしたときの補償を行う公的な保険です。
過労が原因で死亡したときや、精神的な疾患を追ったりしたときにも、労災が給付されることはあります。
労災が給付されるかどうかの判断は「労働基準監督署」が行ないます。

日本の労災保険の適用範囲は、原則としては日本国内の事業において適用されるものです。
しかし、事業者が特別加入の申請を行った場合には、海外赴任中でも国内にいるのと同じように労災が適用されます。
手続きは、任意で行なわれます。
対象が海外出張の場合には、特別加入の申請をする必要はありません。
国内扱いとなり、仕事中の怪我や病気の際に労災給付を受けられることになります。

海外出張の際の過労死については、労働基準監督署の判断が分かれるところです。
弁護士を通しての裁判となることは、避けられないでしょう。
滞在期間の長短では海外出張か海外赴任なのかという判断はつけられません。
必ずこれらの区別を、渡航前につけておくようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。