Zenさんの海外出張 海外旅行の滞在記



Zenさんとは、愛知県の匿名の男性です。
「Zenさんの海外出張 海外旅行滞在記」とは、Zenさんが海外出張に出かける前にすること、準備方法、現地でのさまざまな情報などを、ホームページ上で公開しているものです。

内容は、以下のカテゴリーに分けられています。
海外出張海外旅行の際の準備
・出発から入国まで
・出国から日本入国まで
・滞在中のこと
写真つきで、文章もわかりやすく短くまとめてあり、読みやすくなっています。
滞在先はチェコ、イギリス、アメリカで、地図で滞在地が示されています。
その他は、自己紹介やリンク集があります。

海外の予備知識としては、以下の内容もあります。
・日本・アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアの男女別のくつや洋服のサイズ一覧表
・主たる国の国際電話の識別番号表
・日本との時差表
詳しく楽しい内容で、海外出張の準備を楽しんで時を過ごすことができます。

海外に出張や旅行で出かける人に、ぜひ「Zenさんの海外出張 海外旅行滞在記」を見てみることをおススメします。

ビジネスマンの海外出張奮戦記



インターネットでは、いろいろなホームページでビジネスマンの海外出張奮戦記があります。
かなり面白いものもあり、役立つことも多いので、海外出張が決まったときにはいくつか見てみると参考になります。

◆海外出張で中国に行ったビジネスマンの奮戦記
中国も地方によって、生活や文化がさまざまです。
人件費を安くする目的もあるため、上海や北京などの大都市ではなく小さな都市での出張でした。
しかし、地方だと空港も小さく、ホテルでも英語が通じなくて大変困ったようです。
レストランは衛生面で問題ありでしたが、中国は接待の量が多く、手厚く歓迎されたということです。

◆海外出張でヨーロッパに行った若手社員の奮戦記
商品を開発して売り込むため、ヨーロッパ各国の展示会を見て回るという海外出張がありました。
自分が売れそうだと思う商品を、いくつか買い付けるのが仕事です。
しかし、始めはどこを見ても珍しく、つい日本にもありそうな商品ばかりを買ってきて上司に怒られたという記録もあります。
この若手社員はこれらの失敗を基にして、次回の出張では情報を整理してよい商品の買い付けに成功しまし、社内でのプレゼンテーションに意欲を燃やしています。
さらに、自分の商品の開発や営業への夢につなげていきました。

海外出張と労災



労災とは「労働者災害補償制度」のことです。
労働中や通勤途中に、事故や災害によって「病気」や「怪我」またはそれらの原因によって「障害」を負ったり「死亡」したりしたときの補償を行う公的な保険です。
過労が原因で死亡したときや、精神的な疾患を追ったりしたときにも、労災が給付されることはあります。
労災が給付されるかどうかの判断は「労働基準監督署」が行ないます。

日本の労災保険の適用範囲は、原則としては日本国内の事業において適用されるものです。
しかし、事業者が特別加入の申請を行った場合には、海外赴任中でも国内にいるのと同じように労災が適用されます。
手続きは、任意で行なわれます。
対象が海外出張の場合には、特別加入の申請をする必要はありません。
国内扱いとなり、仕事中の怪我や病気の際に労災給付を受けられることになります。

海外出張の際の過労死については、労働基準監督署の判断が分かれるところです。
弁護士を通しての裁判となることは、避けられないでしょう。
滞在期間の長短では海外出張か海外赴任なのかという判断はつけられません。
必ずこれらの区別を、渡航前につけておくようにしましょう。

海外出張の際の服装



海外出張の際には、現地に行くために長時間飛行機に乗らなければなりません。
できるだけ機内でくつろげる服装を考えたほうがよいでしょう。

海外出張先に着いた際には出迎えが来る、という場合にはどのような服装が良いでしょうか。
相手に失礼の無い程度に、ストレッチ素材のパンツスーツなどはいかがでしょうか。

また盗難等のトラブルを避けるためには、いかにもお金があるという服装をしないほうが無難です。
ポケットがたくさんついたものを着用し、現金は分けて持ってください。
財布には、チェーンの付いたものを選びましょう。
最も安全なのは、現地の人と同じような服装をすることです。
仕事のときに着るスーツひとつでも、ネクタイの柄次第でよそ者として見られることがあります。
現地の人のネクタイの柄を真似ることで、結果的には安全であるといったこともあります。

なお、海外出張中に気をつける点として、靴は人の見ていないところで脱ぐのが礼儀とされています。
椅子や机の上に足を上げるのは問題ないとされるのですが、そこで靴を脱いでしまうと問題になるようです。
日本の感覚とは違うので、注意しましょう。
タグ:海外出張

海外出張への持ち物



海外出張への持ち物としては、次のものが挙げられます。
・現地で使用する衣料品
・現地で業務等に使用する資料や道具類
・日用品や普段使用している医薬品
・お土産類

お金の類は、トラベラーズチェックやキャッシュカードを持って行くとよいでしょう。
また、パスポートを紛失したときのために、パスポートの番号を控えて貴重品として手元に持っておきましょう。
写真を2枚以上持っておくと、パスポート再発行に便利です。
飛行場で荷物を預けても、2〜3日届かない場合もあります。
ですから、手荷物の中にも2〜3日は過ごせる程度の生活用品を入れておくと安心です。
その他、通貨の計算のために電卓を持ってゆくと良いでしょう。
コンタクトレンズのスペアやメガネなども忘れたら大変です。
海外出張のためにこれから買い物をするという人は、ランドリーセットなどを持ってゆき、旅の途中で洗濯をして衣類の持ち物を少なく済ませるという賢い手もあります。
また、海外出張先の欧米のホテルには、歯磨き、歯ブラシ、室内用のスリッパは置いていません。
持って行ったほうがよいでしょう。
タグ:海外出張

海外出張が初めての場合



海外出張に初めて行くことになっても、怖気づかずにいたいものです。
きちんと準備するなら、不安もやがては解消されるはずです。
一般に、緊張で体調が悪くなりがちです。
体の管理や食事についても気を配っておきましょう。

海外出張の流れは、一般的には次のようになります。
・パスポートを申請するときには、外務省へ
海外出張を最初から準備するときには、スケジュール作り
・出張先の情報収集
・出発の物理的準備
・お土産のリストアップ
・出発
・現地到着
・訪問先での仕事
・帰国

海外出張に行くにあたり、飛行機が初めてだという人もいるでしょう。
長時間の旅になるので、くつろいだ服装をして行きましょう。
飛行機に乗る際には、客席乗務員の指示に従いシートベルトを締めましょう。
大きな荷物は通常は別便にしてもらいます。
手荷物にかさばるものがあるときには、客席の頭の上の荷物を入れる場所がに入れます。
機内での健康管理も大切です。
機内食ではカロリーの低いものや減塩食などをあらかじめ注文ができるサービスもあります。
航空会社に問い合わせるとよいでしょう。
目的地までは長時間ですが、リラックスして過ごすようにしてください。
「旅行者血栓症」など、身体がこわばってしまうと倒れてしまうこともあるからです。
機内はかなり乾燥しています。
水分は欠かさず摂るようにしましょう。

海外出張でカタールへ行く際の情報



海外出張カタールに行く方も多いでしょう。
カタールは中近東にある国で、国民はイスラム教を信仰しています。
カタールといえば、サッカー日本代表が惜敗した「ドーハの悲劇」で有名ですね。
カタール国民はお金を持っている人が多く、国外からは、安価な労働力としてネパール人、インド人、パキスタン人が働きに来ています。 昼間の気温は35度〜40度にもなり、日中に外を歩く人はあまりいません。
宗教上の理由で豚肉を食べないので、レストランでは鶏肉が一般的です。
海外出張で行く際に役立つカタールの最近のニュースは、カタール航空で関西国際空港からカタールの首都ドーハへの飛行機便が毎日でるようになったことです。
カタール航空は60都市への運航を担っていますから、中近東の各都市へ行くのには便利です。
ファーストクラスのサービスは、世界でもトップクラスといわれています。
海外出張に行く際にカタール行きの格安航空券を手に入れることもできます。
航空券のみのものとホテルと航空券がセットになっているものがありますので、日付、便、人数、飛行機のクラスを決めてから、インターネットで探してみるとよいでしょう。

海外出張で使う携帯電話



海外出張携帯電話を使用するには、いくつかの方法があります。
携帯電話のレンタル、国際ローミングサービス、海外携帯電話を購入するという選択肢があります。

このうちレンタルは、現地のアンテナが使われるためつながりやすいです。
通話も、現地の国内通話扱いになるので国際通信料を省けます。
ただ電話番号が日本にいるときと異なってしまうので、会社の人にはもちろん、家族にも番号を伝えておく必要があります。

国際ローミングサービスとは、日本国内で使用している対応機種の携帯電話なら、海外出張先でも同じ携帯番号やメールアドレスが使用できるサービスです。
通話料に関しては、一律ではありません。
海外に本人がいる場合には、発信国や相手先の国によって、かかる国際ローミング料金が変わります。

海外出張で携帯電話を購入するのは、ひとつの国に長期滞在する場合におススメの方法です。
現地の回線を使った通話料金ですので、通信も安定しています。
また、電話料金も安価です。
申し込みには身分証明書などが必要ですが、パスポートを使用するときは盗難や紛失に十分注意し、大きな店など信頼できるところで手続きを行いましょう。

海外出張での過労死



徹夜、残業、休日出勤…、日々仕事に追われているサラリーマン。
海外出張先でも例外はありません。
猛烈にやる気を出さねばならない仕事を急いでこなしたあとにやってくる達成感、そしてそのあとの燃え尽き感覚。
激務のあとは、おおよその人がこのような感覚を感じます。

ある大手会社の社員の急死に対し、度重なる海外出張や激務が原因として亡くなった会社員の妻が会社に対して過労死の訴訟を起こしている例もあります。
この場合は、労災の認定が降りずに問題になっています。
しかし、死亡する前の一年間に計5ヶ国におよそ200日にもわたる海外出張があったというのですから驚きです。

ある会社では過労死の訴訟で和解が成立しており、海外出張中の休日出勤の時には振替休日の取得を促すという対策がとられています。
また、帰国後には休暇をとるように促すこともあります。

労働基準法では、出張における移動時間は労働時間とはみなされません。
この点で、新たに規則を作る必要があるでしょう。

海外出張と女性



女性が始めて海外出張に行く平均年齢は、20〜30代です。
女性より男性のほうが、海外出張を数多く任命されています。
大きな企業であれば女性の海外出張も多いので、総合職において男女の差別をされることは少ないと思われます。
海外出張が通例となっている会社があれば、会社の説明会に応募してみるとよいかもしれません。

部下に女性がいて、その女性に子供がいる場合やその子供が病弱な場合には、その女性を海外出張に行かせるべきかどうかという質問があります。
回答としては、「この場合はこの女性の勤務態度を見て判断するべき。子供のことよりも、本人に海外出張に行く意思があるかどうかを問えばよい」という意見が優位です。
「女性としての役目や仕事があるとはいえ、まず業務や役割を第一義におき、その次に個人の事情を本人と一緒に相談するのがよい」という意見もあります。
女性にとっては家事や育児と仕事の両立は大事なことです。
「配偶者との役割分担の仕方次第で、女性だっていくらでも海外出張に行く算段が立てられる」と考えるのもよいでしょう。
タグ:海外出張

海外出張における日当



海外出張における旅行費用や諸費用について、各企業では「海外出張旅費規程」という決まりに沿って旅費の精算をすることになっています。
旅費の算出にも部門わけがあって、「赴任支度料」「旅費」「交通費」「日当」などがあります。
このうち「日当」とは、1日あたりの給金のことをいいますが、その人の職務の階級や出張の地域に応じては「食事代や雑費を含めて日当」として定められることが多いものです。
「食事代は実費で、日当を一律で支給する」という会社もあります。
一般的に、国内出張では宿泊費が7000円〜15000円で日当は2000円〜5000円です。
それに対し海外出張では、宿泊費が7000円〜15000円と国内出張と金額は一緒なのですが、その他の項目では宿泊費を実費支払いとしている会社が多く、日当は4000円〜10000円と国内出張の2倍の金額を出しているところが多いです。
消費税は海外出張旅費について国外での宿泊や交通費には加算されませんし、日当にも消費税はかかりません。
各企業や事業所により異なりますが、「出張先」や「出発から帰国までの日数」などによっていくらか加算して支給されます。

海外出張のときの必需品



海外出張のときの必需品といえば、まずはお金ですよね。
海外では、お金の管理は自分で責任を持って行わなくてはなりません。
「ある程度の金額は持ち歩きたいが治安も気になる」というときには、トラベラーズチェックを利用しましょう。
また、国際キャッシュカードも現金を持つのと同じように扱うことができます。
もちろん、現金と同じようにキャッシュカードの管理に注意を払ってください。
現金は治安の面でもよくないし、盗難に遭っても保障されないという面から、高額の現金は持ち歩かないほうが無難です。

海外出張では普段あまり使用しないものが必需品になることも多いものです。
海外のホテルには歯ブラシやかみそりなどのサービスはないと思ったほうがよいでしょう。
その他、海外へ行くために購入すべきものとしては、海外出張のためのスーツケースがあります。
旅行時には現地人に手荒に扱われることが多いので、軽くて丈夫なものを選んでください。
また日本だと電圧は100ボルトで50Hzと60Hzですが、海外だとさまざまな電圧になっています。
行き先の電圧に合わせて変圧器をもって行きましょう。
日本の製品をそのままコンセントにさして使うのは、大変危険なことですから注意してください。

海外出張のときの旅費



海外出張においての旅費とは、出張に必要な「交通費」「日当」「宿泊料」「旅行に付随してかかる雑費」などを総称したものです。
海外へ出張することになったら、各企業や事業所の社内規定で「海外出張旅費規程」が定められていますので、その規則に沿って旅費の費用を計画します。
そして帰国後に、旅費など各費用について自分で算出し、会社や事業所から支払いを受けます。
このように規則で定められている旅費規程ですが、会社によっては赴任支度料の支払いがないところもありますし、宿泊料を実費にするということもあります。
危険地へ赴くことに対しての手当てのあるなしなど、問題になっている点も多いようですね。
これらの理由としては、毎年変わってゆく諸地域における宿泊費の把握の難しさや、社会の生活レベルの向上によって皆が海外に行くようになり、それほど大仰な支度費用はかからなくなったことなどがあげられます。
海外出張から帰国の際には、一定期間内に費用や実費の領収書から旅費の全体を算出して経理に提出し、費用を払い戻してもらわなければなりません。
項目がたくさんありますし、時間もかかりますから、大変ですよね。 パソコンソフトとして売られている計算ソフトもありますので、利用してみるとよいでしょう。

海外出張のパッキング



パッキングとは「荷造り」のことです。
海外出張の際のパッキングは、あらかじめリストを準備しておいたほうがよいでしょう。
リストの内容が決まったら、スーツケースに荷物の仮詰めをしてみて、うまく収まるかどうかを確認するのもよい方法ですね。
「海外出張で現地まで行く途中に必要なものを取り出しやすいか」「公衆の面前でスーツケースを開けてもかまわないと思えるか」「衣類にしわがよらないか」など、スーツケースの詰め方にも工夫を凝らせば、ひとりひとりの好みでいくらでも変えられるものです。
荷物がうまく収まらない場合には、スーツケースをもっと大きなものに替えるか、荷物を必要なものだけに減らしてみてください。
海外出張のときのパッキングは、空港での積み下ろしのために手荒に扱われがちですから、これに対応した詰め方をする必要があります。
荷物を航空便で送る場合は、実際の重さによって料金が決まりますし、船便で送る場合には容積によって料金が決まります。
荷物が複数になると通関の手続きもありますから、どの荷物に何が入っているかというメモ書きも必要です。

海外出張の際のスーツケース



海外出張に持って行くスーツケースには、いろいろな大きさと素材があります。
女性の場合には、あまり大きいものを選んでしまうと、海外出張の際に階段の上り下りや、普通に歩くだけでも大変で運べなくなる可能性もあります。
注意しましょう。
「スーツケースには車がついているし移動もタクシーだから」と安心してはいけません。
空港で荷物を引き取る際に、直接持ち上げる必要も出てきます。
購入時はスーツケースの中が空の状態で選ぶためわかりにくいのですが、大きさ2〜3cmの差が、数kgの重量差になることもあるのです。
スーツケースの素材には、大きく分けて「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の二種類があります。
ソフトタイプは軽くて持ち運びやすく、荷物もたくさん詰めることができます。
しかし材質が弱いため、刃物で切られて中のものを盗まれることもよくあります。
ハードタイプは重く堅いため、防犯上ソフトタイプよりも安全だといえます。
長期の海外出張では現地人に手荒く扱われるので、丈夫なスーツケースのほうがよいともいえます。
しかし、これらの特徴も一概にいえることではありません。
ソフトタイプでも丈夫なものもありますし、ハードタイプでも盗難に遭うこともあるので注意しなければいけません。

海外出張の際のバッグ



海外出張には必要なものをバッグに入れて持ってゆくことになりますが、似たようなバッグやスーツケースを持っている人は意外と多いものです。
他人と似たようなバッグやスーツケースを持ってゆくと間違えられやすいので、自分なりの目印をつけておくと便利です。

機内に持ち込まないほうのバッグは、海外出張で渡航中に飛行機会社の遅れや手違いが生じて、予定日に現地まで届かないケースもあります。
機内に持ち込むほうのバッグにも、生活用品を入れておくと安心です。
海外出張の際には、スーツケースは軽くて丈夫なものがよいとされています。
外国人はソフトなスーツケースを持っているのに比べて、日本人は堅い素材のスーツケースを持つことが多いようです。
体に身に着けるショルダーバッグも、軽いものがよいとされています。
内部が二重・三重になっていたり、密封できるようになっているなど、防犯対策がなされているものを選びましょう。
バッグには大きくても軽いものや、やわらかい代わりにたくさん入る利点があるものなど、いろいろな種類があります。
あまり高価に見えるバッグを持つのも考えものです。
「自分はお金を持っている」と言いながら歩いているようなものですから、危険も多いでしょう。
丈夫さや軽さなど、機能性を重視したバッグを選ぶことをおススメします。

海外出張の規定



海外出張に関する規定として、各企業や事務所などで「海外出張旅費規程」というものを作成し、社員や職員の海外出張の旅費について定めています。
この規定は、会社の命令により日本国外に出張するときの旅費に関する決まりや手続きについてのものです。
各社によって旅費の出る条件や規定には差があります。
海外出張が決まったら、自分の所属する企業や事務所において海外出張旅費規程をよく確かめましょう。
その上で、出張計画を立てたり保険の準備を行うとよいでしょう。

海外出張旅費規程の主な項目としては、身の回り品をそろえるための「支度金」「日当」「宿泊費用」「交通費」、荷物の輸送等の「諸費用」、パスポートの取得や渡航手続きなどでかかる費用としての「渡航雑費」などに分かれています。
海外へ出る日本人は増えていますが、その中でも海外出張と海外赴任の割合が依然多いとされています。
海外赴任の場合は「労災保険」を任意でつけるように定められていますが、海外出張の場合には特に加入の手続きをしなくても労災保険の適用になります。

海外出張の準備



海外出張前に準備しておかないといけないことのひとつに、現地の情報収集があります。
海外での仕事ですから、現地の人の意見を取り入れることもあります。
このとき、異文化理解は重要なポイントになります。
インターネットや本などで異文化情報は簡単に手に入りますが、各国の大使館や観光局といった公的機関を利用する手もあります。
ほかにも、細かいことですが訪問国の「天気」「気温状態」を確認すること、また現地の「為替レート」も把握しておくと役立ちます。

仕事のスケジュールや情報収集が終わると、いよいよ海外出張への出発の準備ということになります。
まずは、航空券とホテルの手配を行いましょう。
海外は、日本と比較すると治安の悪いところが多いので、万が一のことも考えておかなくてはいけません。
海外出張中に日本の家族がわかりやすいように、「航空会社」「泊まるホテル」「現地の会社の連絡先」などを控えておきましょう。
インターネットや空港でも「海外旅行等保険」の加入ができますので、大きな盗難などに遭うあうことも考えて、必ず加入しておきましょう。

海外出張の際の消費税



海外出張の際、出張旅費に対する消費税はどこまでかかるのでしょうか。
消費税とは、「国内での取引」「対価をおいて行われる取引」「資産の譲渡が国内で行われるとき」「保税地域(輸入貨物の課税を留保したままおいておける地域)からの荷物の引取り」に対してかかるものです。
ですから、海外出張費のうち現地での「宿泊費」「交通費」に対しては、消費税はかかりません。
消費税のかかる項目の主なものは、「海外出張の際の支度料」「国内でパスポートを申請する際にかかる手数料」「海外出張のための予防接種代金」や、日本を出るところまでに「国内で使用した交通費や宿泊代」などです。
また、領収書がなかった場合や用意できなかった時に支払ったお金や電車賃などには、課税仕入れを記載した帳簿が必要となりますか、それによって税金の控除を受けることができます。
もちろん、税金自体に消費税はかかりません。
消費税のかからないものとしては、海外出張費用のうちの「日当」や、出張者と日本国内との「通信費用」などがあります。
日本から海外へ行く際の「交通費」についても、消費税はかかりません。

海外出張の際の保険



海外出張に行くことになって滞在が長期化しそうな場合には、「現地で怪我や病気をしたらどうすればいいのだろう?」と誰もが不安になるものです。
でも、大丈夫!
日本の保険会社には『海外旅行保険』というものがあるのです。
海外出張中の緊急時に、現金を都合して後からクレジットカードの引き落としにしたり、通訳サービスがついている商品があります。
また『海外旅行損害保険』というものあり、この保険では死亡や怪我の際に補償が行われます。
これらの保険の違いに注意しましょう。

海外の保険については、先進国と発展途上国とで医療保険の事情が異なっています。
アメリカでは公的な医療保険はなく、民間の会社が医療保険を担っています。
ヨーロッパでは公的な健康保険制度があり、保険金の一部を企業側が負担する機能もあります。
海外出張の際には、多くの場合、任意の海外旅行損害保険などを使ってその場をしのぐのが一般的です。
海外出張先で支払った医療費に対しては、あとで決められた金額を払い戻してくれる制度があります。
帰国後に、所属する健康保険組合に書類を提出してください。

海外での医療費の出費は大変高いものになります。
海外旅行損害保険には、必ず入っておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。